簡単な計算をしてみよう | Python独学ならTech-Joho(3)

Python独学ならTech-Joho TOP > Python入門カリキュラム > 簡単な計算をしてみよう

簡単な計算をしてみよう

Pythonをつかって、電卓のような簡単な計算をしてみましょう。

下の黒い欄に、”1 + 2″と入力しエンターキーを押して下さい。


3が表示されましたか?

このように、数式を入力するだけですぐに計算をしてくれます。

“4 + 5″、”3 – 1″等、いろんな数字の計算を試してみて下さい。

ちなみに、”-“で引き算、”/”で割り算、”*”で掛け算ができます。

 


少数の計算も試してみて下さい。
“3.14 * 2″を入力してエンターキーを押して下さい。

ちゃんと2倍になり、6.28が表示されましたか?

次に、”2.0 * 2″を計算してみましょう。
4ではなく、4.0と表示されましたか?

Pythonでは、整数と小数は区別されています。

小数の計算は小数になります。


今度は、文字列を入れてみましょう。

適当に文字列を入力して、エンターキーを押して下さい。

下のようなエラーが表示されたはずです。

文字列のエラーの例

文字列を入力するには、シングルクォーテーション(‘)かダブルクォーテーション(“)で、入力したい文字列を囲む必要があります。

こんな感じです。

クォーテーションマークでくくった文字列入力の例

試してみて下さい。


Pythonを使う感覚がつかめたでしょうか?

練習問題をこちらに用意したので、試してみて下さい。
簡単な計算の練習問題1

次に進みましょう。

第4回 変数に値を代入する方法


 

Author: 管理

tech-joho.infoの管理人です。いろいろな技術について勉強しています。