Django 1.11 モデルの追加とマイグレーション | Django 入門

Python独学ならTech-Joho TOP > django入門/ > Django 1.11 モデルの追加とマイグレーション

Djangoでモデルを追加する

 

こちらのDjango公式チュートリアル (バージョン1.11用)をやってみます。

https://docs.djangoproject.com/ja/1.11/intro/tutorial02/

そのままやっても意味がないので、モデル名を変えてみます。

初心者の方は、両方を見比べることで、どのようにモデルを作ればいいのかがわかると思います。

基本的に、こちらの記事の続きです。

Windows 10 でDjango入門

設定

アプリ名は

“djangoTestApp”

だとします。

データベース名は

“django_test_app”

です。

データベース設定

mysqlにログインして

CREATE DATABASE django_test_app;

djangoTestApp2/settings.py

DATABASES = {
  'default': {
    #'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',# もともとの設定
    'ENGINE': 'django.db.backends.mysql',
    #'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'), # もともとの設定
    'NAME': 'django_test_app',
    'USER': 'xxxx',
    'PASSWORD': 'xxxx',
    'HOST': '127.0.0.1'
  }
}

上記のような書き方は、settings.pyの一部を表す。
例えば、上の例は76行目付近だった。
settings.pyを開いて、DATABASES等で検索して該当箇所まで移動して修正すること。

もしくは、設定ファイルを別に用意して使う
参考

https://docs.djangoproject.com/ja/1.11/ref/databases/#mysql-notes

djangoで使えるmysqlのアダプタはいくつかある

python3で推奨されているmysqlclient にする
参考

コンソール

> pip3 install mysqlclient

コンソールというのは、windows power shellや、コマンドプロンプトのこと
>の行の内容を入力する

ついでに、タイムゾーンと言語設定

djangoTestApp/settings.py

#LANGUAGE_CODE = 'en-us'
LANGUAGE_CODE = 'ja-jp'
#TIME_ZONE = 'UTC'
TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

タイムゾーンのリスト
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tz_database_time_zones

マイグレーション実行の方法

コンソール

> python manage.py migrate

Operations to perform:
  Apply all migrations: admin, auth, contenttypes, sessions
Running migrations:
  Applying contenttypes.0001_initial... OK
  Applying auth.0001_initial... OK
  Applying admin.0001_initial... OK
  Applying admin.0002_logentry_remove_auto_add... OK
  Applying contenttypes.0002_remove_content_type_name... OK
  Applying auth.0002_alter_permission_name_max_length... OK
  Applying auth.0003_alter_user_email_max_length... OK
  Applying auth.0004_alter_user_username_opts... OK
  Applying auth.0005_alter_user_last_login_null... OK
  Applying auth.0006_require_contenttypes_0002... OK
  Applying auth.0007_alter_validators_add_error_messages... OK
  Applying auth.0008_alter_user_username_max_length... OK
  Applying sessions.0001_initial... OK

こんな感じの表示が出たら成功

 

モデル作成

もともとのチュートリアルは投票アプリケーションらしく、
Question(投票項目)とChoice(選択肢)という2つのモデルを定義する

同じ例ではつまらないので、はてなブックマークのようなソーシャルブックマークサービスを想定する
Article(記事)とBookmark(ブックマーク)
ブックマークにはstar(スター)をつける

アプリ作成からやりなおす

>  python manage.py startapp bookmaker

bookmaker/urls.py
をつくり
djangoTestApp/urls.pyを修正する

仮のER図はこちらです。
ER図(articleとbookmark)

djangoのDB変更は3ステップ

  • models.pyを変更
  • python manage.py makemigrations でマイグレーションファイルを作成
  • python manage.py migrate でマイグレーション実行

djangoTestApp/models.py

rom django.db import models


class Article(models.Model):
"""記事"""
summary = models.CharField(max_length=200)
published = models.DateTimeField('date published')


class Bookmark(models.Model):
"""ブックマーク"""
article = models.ForeignKey(Article, on_delete=models.CASCADE)
comment = models.CharField(max_length=200)
stars = models.IntegerField(default=0)

djangoTestApp/settings.py

INSTALLED_APPS = [
  'bookmarker.apps.BookmarkerConfig',
  'django.contrib.admin',
  'django.contrib.auth',
  'django.contrib.contenttypes',
  'django.contrib.sessions',
  'django.contrib.messages',
  'django.contrib.staticfiles',
]

モデルを確認して、マイグレーションファイルを作成する

> python manage.py makemigrations bookmarker
Migrations for 'bookmarker':
  bookmarker\migrations\0001_initial.py
    - Create model Article
    - Create model Bookmark

0001というマイグレーションができた

できたマイグレーションの内容を確認

> python manage.py sqlmigrate bookmarker 0001
BEGIN;
--
-- Create model Article
--
CREATE TABLE `bookmarker_article` (`id` integer AUTO_INCREMENT NOT NULL PRIMARY KEY, `summary` varchar(200) NOT NULL, `published` datetime(6) NOT NULL);
--
-- Create model Bookmark
--
CREATE TABLE `bookmarker_bookmark` (`id` integer AUTO_INCREMENT NOT NULL PRIMARY KEY, `comment` varchar(200) NOT NULL, `stars` integer NOT NULL, `article_id` integer NOT NULL);
ALTER TABLE `bookmarker_bookmark` ADD CONSTRAINT `bookmarker_bookmark_article_id_8c3fd859_fk_bookmarker_article_id` FOREIGN KEY (`article_id`) REFERENCES `bookmarker_article` (`id`);
COMMIT;

CREATE TABLEのSQL文がふたつ

> python manage.py migrate

実行された

 

Shellでモデルの使い方の確認

シェル起動

> python manage.py shell

いろいろなメソッドを使ってみる

>>> from bookmarker.models import  Article
>>> Article.objects.all()

>>>
>>> from django.utils import timezone
>>> a = Article(summary='This is the first article.', published=timezone.now())
>>> a.save()
>>> a.id
1
>>> a.summary
'This is the first article.'
>>> a.published
datetime.datetime(2017, 10, 11, 4, 11, 25, 212888, tzinfo=)
>>> Article.objects.all()
]>

モデル一覧を見てみたが、(Article.objects.all())中身がぜんぜんわからないので、表示設定をする

 

モデルに表示設定など追加
models.py

import datetime
from django.db import models
from django.utils import timezone

class Article(models.Model):
  """記事"""
  summary = models.CharField(max_length=200)
  published = models.DateTimeField('date published')

  def __str__(self):
    return self.summary

  def was_published_recently(self):
    return self.published >= timezone.now() - datetime.timedelta(days=1)

  class Bookmark(models.Model):
  """ブックマーク"""
  article = models.ForeignKey(Article, on_delete=models.CASCADE)
  comment = models.CharField(max_length=200)
  stars = models.IntegerField(default=0)

  def __str__(self):
    return self.comment

__str__というメソッドをそれぞれ追加した。

もう一回シェルを立ち上げて確認する

> python manage.py shell

モデルのいろいろな使い方を確認してみる
検索、取得、作成、削除など..

>>> from bookmarker.models import  Article
>>> Article.objects.all()
]>
>>> Article.objects.filter(id=1)
]>
>>> Article.objects.filter(summary__startswith='This')
]>
>>> from django.utils import timezone
>>> current_year = timezone.now().year
>>> Article.objects.get(published__year=current_year)

>>> Article.objects.filter(id=2)

>>> Article.objects.get(id=2)
Traceback (most recent call last):
  File "", line 1, in 
 略
    self.model._meta.object_name
bookmarker.models.DoesNotExist: Article matching query does not exist.

>>> a1 = Article.objects.get(pk=1)
>>> a1.was_published_recently()
True
>>> a1.bookmark_set.all()

>>> a1.bookmark_set.create(comment='good!', stars=0)

>>> a1.bookmark_set.create(comment='bad', stars=10)

>>> b3 = a1.bookmark_set.create(comment='???', stars=2)
>>> b3.comment
'???'

>>> Bookmark.objects.filter(article__published__year=current_year)
, , ]>

>>> b3.delete()
(1, {'bookmarker.Bookmark': 1})
>>> Bookmark.objects.filter(article__published__year=current_year)
, ]>

 

管理画面

管理ユーザ作成

> python manage.py createsuperuser
Username (leave blank to use 'xxxx'): admin
Email address: admin@example.com
Password:
Password (again):
This password is too short. It must contain at least 8 characters.
This password is too common.
Password:
Password (again):
Superuser created successfully.

最初passにしようとしたらtoo short too commonと怒られた。
passpassにしたら通った。これでいいのか?

アプリ起動

> python manage.py runserver

http://localhost:8000/admin
にアクセス
Django管理サイトのログイン画面

ログイン後
Django管理サイトログイン後

追加したモデルを管理対象にする

bookmaker/admin.py

from django.contrib import admin

# Register your models here.
from .models import Article, Bookmark

admin.site.register(Article)
admin.site.register(Bookmark)

もう一回アクセス
管理対象のモデル一覧

Articlesをクリック
Article一覧

This is the first article.をクリック

Article管理

ちゃんとタイムゾーンで指定した通り、日本時間で表示されている

MySQLのDB内を直接のぞくと、UTCになっている

DBの中身

ちなみに、MySQL Workbenchを使っている
https://www.mysql.com/jp/products/workbench/

20日に変更して保存
Article20日に日付変更

これでチュートリアル2は終わり

 

おまけ: Herokumへのデプロイ

デプロイの手順の記事

Author: 管理

tech-joho.infoの管理人です。いろいろな技術について勉強しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *