input関数|Python用語辞典

Python独学ならTech-Joho TOP > Python用語辞典 > inputで入力を受け付ける

inputで入力を受け付ける

input関数は、その名の通り、ユーザからの入力(input)を受け付ける関数です。
まず、文字で説明するより使ったほうが理解しやすいと思います。
下の黒い欄に、”suuji = input(‘数字を入力して下さい’)”と入力してください。

>>> suuji = input('数字を入力して下さい')

すると、こんな風に、’数字を入力して下さい’と書いたウインドウがでてきます。

Brythonによる入力ダイアログ

入力欄に’1’か何か、数字を入力してOKを押して下さい。
すると、ウインドウが閉じます。

実は、この時点で、suujiという変数に今入力した数値が代入されています。
下のように、print(suuji)と入力してエンターキーを押して下さい。

>>> suuji = input('数字を入力して下さい')
>>> print(suuji)
1

先程入力した数値が表示されます。

input関数の引数

input関数は人間(ユーザ)に入力をさせて、その値を返す関数です。
inputの引数は、入力させるときに表示する文言です。

こうすれば、’何か入力して下さい’と表示されます。

>>> input('何か入力して下さい')

input何か入力して下さい。

こうすれば、’ああああ’と表示されます。

>>> input('ああああ')

inputあああ

下の黒い欄で自分で試してみてください。

inputの引数の練習

ユーザに’アルファベットを入力!!’と表示する、input関数の引数を考えて実行してください。

input関数の戻り値

繰り返しになりますが、input関数は人間(ユーザ)に入力をさせて、その値を返す関数です。
inputの戻り値は、人間が入力した関数です。

下のコードでは、my_inputに、ユーザが入力した値を代入します。

>>> my_input = input('何か入力して下さい')
>>> print(my_input)

なので、my_inputをprintすると、ユーザが入力した文字列が表示されます。

ちなみに、input関数の戻り値は常に文字列になります。
なので、数字を入力しても、数値の文字列になってしまいます。

‘1’ * 5 は 5ではなく、文字列’1’を5こくっつけた’11111’になります。

>>> my_input = input('何か入力して下さい') # 1を入力する
>>> print(my_input * 5)
'11111'

数値として計算したいときは、int関数やfloat関数で、文字列を数値に変換しましょう。

>>> my_input = input('何か入力して下さい') # 1を入力する
>>> int(my_input) * 5
5 

intやfloat等、変数の型についてはこちらをみてください。
変数の型について/

inputの戻り値の練習

ユーザに数値を入力してもらい、それを100倍して表示するプログラムを実行してください。

ふつうのPythonだとウインドウはでてこない

なお、これまで、input関数を実行するとウインドウがでてきましたが、それはこのサイト上でPythonを実行しているときだけの話です。(正確に言うとBrythonをつかっているときだけ)

自分のPCにPythonをインストールして使っている場合、ウインドウはでず、単にinputの引数にしたメッセージが表示されるので、そのまま黒い画面に入力できます。こんな感じです。

>>> message = input('please input!! : ')
please input!! : はーい
>>> print(message)
'はーい'

Author: 管理

tech-joho.infoの管理人です。いろいろな技術について勉強しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *