Windows 10 condaによる環境構築からdjangoのインストール | Django 入門

Python独学ならTech-Joho TOP > django入門 > Windows 10 condaによる環境構築からdjangoのインストール

condaによるdjnagoのインストール

以前、こちらのページでvirtualenvによるdjangoのインストールから起動までの記事を公開しました。

virtualenvでWindows10 に Django インストール

しかし、condaのほうがいろいろと楽そうだったので、miniconda版のインストール手順を公開します。

minicondaのインストール

まず、minicondaをインストールします。
minicondaはpythonのデータ分析用のいろいろ便利なパッケージが入ったanadondaの最小構成版といったような存在で、djangoの開発環境としてはちょうどいいと思います。
くわしくは、下の記事をご覧ください。

Pythonのインストール方法の選択肢

minicondaは下記の公式ページからインストーラをダウンロードし、実行、次々とボタンを押していけばすぐに完了です。

minicondaダウンロードページ
https://conda.io/miniconda.html

ほとんどのばあい、64ビット版で問題ないと思います。

「64-bit (exe installer)」をクリックしてダウンロードしてください。

condaの仮想環境作成

こちらのページに全部書いてあるので実行してください..
Pythonのインストール方法の選択肢

一応、こちらには最小限の手順だけ書いておくことにします。

下の<仮想環境の名前>というところには好きな英数字の名前を入れてください。”djangoproj1″とか、”myapp”とか何でもいいです。

  1. インストールされた、Anaconda prompotを起動する
  2. Anaconda prompotで ”conda create -n <仮想環境の名前>”を実行し、仮想環境を作る
  3. Anaconda prompot で “activate <仮想環境の名前>”を実行し、仮想環境を有効化する
  4. いろいろ作業する

一応、ここでは”djangoapp1″にしたことにして説明を続けます。。

> conda create -n djangoapp1

途中で”Proceed ([y]/n)? y”と聞かれるのでy、エンターを押します。

condaによるdjangoのインストール

Anaconda promptを起動し、djangoアプリを作る仮想環境を有効化します。
ここでは、上記で作成したdjangoapp1を有効化します。

> activate djangapp1

有効化されると、下のように、プロンプトの左側に仮想環境名が表示されます

(djangoapp1) >

この状態で、下のコマンドを実行して、djangoをインストールしましょう

(djangoapp1) > conda install django

途中で”Proceed ([y]/n)? y”と聞かれるのでy、エンターを押します。

こんな風に、condaコマンドはpipの代わりのように使えます。

djangoのプロジェクト作成

まず、cdコマンドでプロジェクトを作りたいフォルダまで移動します。
ここでは、ユーザのHOMEPATHの下にprojectsフォルダを作りそこに移動します。

(djangoapp1) > mkdir projects
(djangoapp1) > cd projects

プロジェクトを作るには、以下のコマンドを実行します。

(djangoapp1) >django-admin startproject <プロジェクトの名前>

先ほどと同じように、<プロジェクトの名前>は自由です。

ここでは、djangoproject1という名前にすることにして進めます。

(djangoapp1) >django-admin startproject djangoproject1

これで、自動的にプロジェクト名を同じ名前のフォルダが作成され、中にdjangoのプロジェクトに必要なファイルが自動でコピーされました。

プロジェクトのフォルダに移動し、djangoのアプリサーバを起動してみましょう。

(djangoapp1) > cd djangoproject1
(djangoapp1) > python manage.py runserver

anaconda prompotは大体このようになっているはずです。
仮想環境の有効化からdjango立ち上げまで

最後に、http://localhost:8000/にブラウザでアクセスして、djangoアプリの起動を確認しましょう。
このように表示されていれば成功です。

django it works
ただし、このままではプロジェクトは空っぽですので、これから内容を開発していく必要があります。

これからの手順についてはこちらをご覧ください。

Django入門の一覧ページへ

Author: 管理

tech-joho.infoの管理人です。いろいろな技術について勉強しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *