変数に値を代入する方法 | Python独学ならTech-Joho(4)

代入のアイキャッチ

Python独学ならTech-Joho TOP > Python入門カリキュラム > 変数に値を代入する方法

変数に値を代入する方法

Pythonのプログラミングの基本、変数への値の代入について解説します。

下の黒い欄にPythonコードを打ち込み、実際に実行しながらまなんでみよう。

黒い欄の使い方はこちら

代入

Pythonでは、数字や文字列を入力することができます。(下の黒い欄に入力してみて下さい)

また、このように計算をさせることもできます。下の例では、3.1415×2と3.1415×3を計算しています。

3.1415の掛け算

しかし、3.1415という小数は長いので、2回目の計算では最後の数字を打ち間違えてしまいました。
やり直して、3回目では成功しました。

上の計算のように、同じ数字を何度も利用するときは、データに名前をつけてとっておくと便利です。

これを、変数に代入するといいます。

代入のやり方は、=(イコール)を使います。

代入する変数をイコールの左に、代入する値をイコールの右に置くと代入できます。

xへの3.1415の代入

上の例では、変数xに数値3.1415を代入しています。

変数に代入したデータは、その後は変数名で呼び出し、他の計算などに利用することができます。

xに代入したあとで、xとだけ入力すると、上で代入した値が表示されます。

xへの代入の後、代入した値を表示

xに数値を足したり、かけたりもできます。(x + 3が変な数字になっていますが、これは計算の誤差です。コンピュータの計算には誤差がでることも多いです。)

変数に代入した文字列の掛け算

xに代入した数値の足し算、掛け算

変数の名前について

変数の名前に使える文字は、「アルファベット」、「数字「、「_」だけです。
大文字と小文字は区別されます。例えば、変数名tanukiとTanukiは別な変数になります。
また、変数名の先頭に数字は使えません。
また、is, not, if, for など、Pythonの命令などで使われている特別な単語は使えません。

Pythonの変数の名前の付け方については、こちらにもう少し詳しく書いたのできになる方はご覧ください。


変数への代入についても、練習問題を用意したので、チャレンジしてみましょう。

変数への代入の練習問題(1)


>> 次へ 第5回 変数の型について

<< 前へ 第3回 簡単な計算をしてみよう

Author: 管理

tech-joho.infoの管理人です。いろいろな技術について勉強しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *